Séra Dental Clinic

WEB予約

Séra Dental Clinic

WEB予約 アクセス

ブログ

Blog

© Séra Dental Clinic

ライムグリーン


 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。Séra Dental Clinic 院長の池本です。

今回は当院のイメージカラーについて少しお話ししたいと思います。

当院のイメージカラーはライムグリーンとなっているのですが、この色、優しい色合いで心が癒される感じでもあり、自分ではとても気に入っています。

まあ、自然に近い色合いというのは本能的にそう感じ得るのでしょう。結構、他の企業さんでも使われている色ですよね。

このカラーについてクリニックHPのInstagramの方でも少し記しているのですが、自分にとっては昔から ≪ライムグリーン=カワサキグリーン≫ とのイメージがかなり強くあります。

カワサキとは何ぞや?? それは川崎重工業モーターサイクル&エンジンカンパニー、バイクの Kawasaki です。

私、昔からタイヤのついている乗り物が好きでして、二輪と四輪には特に強い思い入れがございます。

 

1968年 デイトナにて 】

その日パドックは、いつになくざわめいていた。

カワサキが持ち込んだレースマシン、A1Rの車体色は、
常識はずれの“ライムグリーン”

迷信やジンクスを重んじる当時のレース界において、
グリーンは“不運”を象徴する、誰もが避ける色であった。

カワサキはあえてその色を選ぶことで、
自らが挑戦者であることを世に示した。

 

カワサキの歴史は、挑戦の歴史である。

 

タンデムツインエンジン、モノコックフレーム、ユニトラックサスペンション・・・。

誰も成し遂げたことのない新たな技術を武器に、勝負に挑む。

常識に安住せず、失敗を恐れず、自ら考え切り開いた道を突き進む。

これこそがカワサキの使命。

そして、いつまでも変わらない価値。

 

誇り高き挑戦者の証し、ライムグリーンを身に纏い、
カワサキレーサーたちは今日も挑み続ける。

 

引用:Kawasaki Global Racing Information

 

何かかなり業務とはかけ離れた内容となりましたね。笑

諸説あるみたいですが昔の欧米ではグリーンは不吉な色として、特にジンクスを重んじるレースの世界では敬遠されている色だったみたいです。

今回クリニックを開業するにあたり、この1960年代後半のカワサキの意思に共感する思いがあった事からも、この色をイメージカラーとして選択した要因となっています。

色々と世知辛い出来事や社会情勢の問題が叫ばれるこの昨今、常に “Kawasakiライムグリーン” に込められた思いを心に持ち続けて行きたいと思う今日この頃でした。