Séra Dental Clinic

WEB予約

Séra Dental Clinic

WEB予約 アクセス

欠損・補綴

Defective recovery

© Séra Dental Clinic

Defective recovery欠損・補綴

欠損・補綴

欠損補綴とは、様々な事情で歯や歯ぐきが失われたところに、人工的な歯や歯ぐきを装着して、噛み合わせや発音、審美性を回復させることを欠損補綴といいます。

欠損補綴はデンチャー(義歯)、ブリッジ、インプラントの3つの種類に大きく分けられ、それぞれの素材によってさらに細かく分類されます。

種類別の利点

デンチャー(義歯)の利点
デンチャー(義歯)の利点
  • ・隣接する歯をほとんど削らなくも良い。
  • ・着脱できるので、掃除や消毒がしやすく、衛生的に保てる。
  • ・欠損補綴の中では治療費が安い。
ブリッジの利点
ブリッジの利点
  • ・歯に接着するので、自分の歯のように噛み合わせが安定して、自然に使える。
  • ・クラスプ(鉤)や歯ぐきの床がないため、審美性の優れている。
インプラントの利点
インプラントの利点
  • ・症例によっては、周囲の歯を全く削らなくても良い。
  • ・骨を支えにしているので、ぐらつきがない。
  • ・審美性に優れている。
  • 保険外診療の入れ歯

    保険外診療の入れ歯は、費用は高額になりますが見た目が自然で装着時の違和感を少なくすることができます。

    ゴールド床入れ歯
    ゴールド床入れ歯

    金で土台(床)を作ります。費用は比較的高額になりますが、金属アレルギーや体への影響は少なく、腐食や変色は起こりません。

    チタン床義歯
    チタン床義歯

    チタンで土台(床)を作ります。チタンは体の中に埋め込むことが出来るほど安全性の高い金属で、安心して長く使用できます。

    コバルトクロム床義歯
    コバルトクロム床義歯

    コバルトクロムで土台(床)を作ります。コバルトクロムは義歯素材として長い歴史のある安心できる素材です。耐久性と快適性に優れており、金属床の中では比較的安価で製作できます。

    シリコンの入れ歯
    シリコンの入れ歯

    土台(床)の一部をシリコンで作る入れ歯です。シリコンは柔らかいので、噛む時の痛みを軽減でき、食材をしっかりと噛めるようになります。

    ノンクラスプデンチャー
    ノンクラスプデンチャー

    樹脂で作られており、薄く軽く弾力感があるため装着時の違和感が少ないことが特徴です。金属を使わないので金属アレルギーの心配はありません。

    マグネットデンチャー
    マグネットデンチャー

    磁石を入れ歯と残った歯の両方に取り付けて装着します。磁石がしっかりと吸着し合うため、安定感に優れています。見た目は自然で、残った歯の根元を利用できるので装着時の違和感が少ないです。

    インプラント

    自分の歯を失ってしまい噛めない、入れ歯が合わない・煩わしいなどの方に対し、インプラント(人工歯根を植える)治療を積極的に取り入れています。インプラント治療とは、顎の骨の中にチタンでできた人工の歯根を埋めこみ、それを土台として歯冠をかぶせる治療法です。
    顎の骨の中に直接結合しているため、天然の歯とほとんど変わらない感覚で物を噛んだり、会話を楽しむことができ、見た目にも綺麗です。
    また、入れ歯やブリッジなどの治療法と違い、残っている歯に余計な負担がかからないため、御自身の残りの歯を長くもたせることが出来ます。

    インプラントの特徴

    インプラントに使われるチタンは、アレルギーも少なく、かみ合わせに耐えられる強度があります。チタンと骨が結合するのでしっかりと固定することができ、治療後は違和感がないため、天然の歯と変わらないかみ合わせを実現できます。
    また、残っている他の歯を削ったり、装置をつけたりすることもありません。他の歯に負担をかけずに治療ができるのです。

    他の治療法との違い

    インプラント インプラント
    治療法

    歯が抜け落ちたところの歯槽骨にインプラントと呼ばれるチタン製の歯根に人工の歯を埋め込む治療法です。

    メリット
    • ・周りの歯への負担が少ない
    • ・見た目は天然の歯と違和感がない
    デメリット
    • ・自由診療のため治療費が高額になる
    • ・治療期間が長い
    ブリッジ ブリッジ
    治療法

    ブリッジとは、なくなった歯の両隣の歯を削って橋げたとし、そこに橋を渡すように人口の歯をかぶせる治療法です。

    メリット
    • ・保険適用で治療費を抑えられる
    • ・天然の歯に近い使用感で、違和感が少ない
    デメリット
    • ・健康な歯を削る必要がある
    • ・削った歯が虫歯や歯周病になるリスクが高まる
    部分入れ歯 部分入れ歯
    治療法

    部分入れ歯とは、なくなった歯の隣の歯に金属などのばねをひっかけて固定する治療法です。

    メリット
    • ・保険適用で治療費が抑えられる
    • ・条件が厳しくなく、多くの場合で治療が可能
    デメリット
    • ・固定のばねが目立ち、見た目が悪い
    • ・装着に違和感があることが多い
    総入れ歯 総入れ歯
    治療法

    総入れ歯とは、歯が一本も残っていない場合の治療法です。プラスチックの土台に人工歯が固定されており、それを歯茎に装着します。

    メリット
    • ・保険適用で治療費が抑えられる
    デメリット
    • ・歯茎が痩せるため、数年ごとの作り替えが必要
    • ・装着の違和感、話しにくさがあることが多い

    インプラント治療の注意点

    インプラント治療は外科手術であるため、治療を受けるには全身の健康状態が良好である必要があります。また、治療期間は長く、保険適用外のため治療費は高額になりがちです。
    治療の条件は、治療予定の場所に骨がしっかりとあることです。骨が足りないとインプラントを埋め込むことができないためです。骨が足りない場合は、骨移植手術を受ける必要があります。
    治療後についても、毎日のケアが不十分であったり、定期的なメンテナンスを受けていないことで、インプラント周囲炎になる恐れがあります。インプラント周囲炎は、自然に治ることはないため、歯科医院で適切な処置を受けることが必要です。炎症が進行している場合は、インプラントを摘出する必要があったり、インプラントが突然抜け落ちてしまうことがあります。
    インプラント治療によってこれらのような問題が起きないよう、正確な診断と定期的なメンテナンスが必要です。